学部・学科紹介FACULITY

現代文化学部 文化コミュニケーション学科

現代文化学部 文化コミュニケーション学科新設

さらなる高度情報化とグローバル化が進む社会で必要とされる人材を育成するため、現代文化学部文化コミュニケーション学科が新設されました。

本学部は、入学時には細かな専門領域を決めず、幅広い教養を身につける中で、「情報メディア文化」「観光文化」「日本・東アジア社会文化」「文芸文化」の中から2つの専門領域を選択するというlate specializationの仕組みをとっています(2年生の秋に選択します)。これは、入学してきたみなさんに、自分の適性や興味をきちんと見極めた上で、専門領域を選択してほしいという願いを反映したものです。これらに加えて、課題解決型学修や社会調査といった社会に参加しながら学ぶ科目を通じて、他者とコミュニケーションを取りながら問題を解決するジェネリックスキルを身につけ、多様化する社会で活躍できる人材を送り出すことを目指しています。

学びの内容と将来像

本学部では、みなさんの興味や希望する進路に合わせて、
2つの専門領域を組み合わせて学びます

情報メディアモデル
国際観光モデル
地域観光モデル
国際キャリアモデル
ビジネスキャリアモデル
出版メディアモデル

文化コミュニケーション学科・文化言語学科からのお知らせ 一覧を見る

  • 現代文化学部・文化言語学部 公開講座
  • 司書資格