学部・学科紹介FACULITY

ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)

現代文化学部 
文化コミュニケーション学科

現代文化学部は、建学の精神のもと、教育研究の目的に則り、以下の能力を身につけ、所定の単位を修得した学生に卒業を認定し、「学士(文学)」の学位を授与します。

  • (1)日本語および外国語の運用力に基づく、高度なコミュニケーション力を修得している。
  • (2)伝統的および現代的な日本文化に関する深い知識に基づき、古代から現代に至る日本文化を調査・分析する能力を修得している。
  • (3)高度情報化とグローバル化が進行した日本の地域社会・地域文化、および東アジアの社会文化に関する幅広い知見に基づき、日本社会・文化に関する諸問題を調査・分析する力を修得している。
  • (4)上述の能力を総合的に活用して、ビジネスや行政の場で協働して問題を解決できる。

文化言語学部 文化言語学科

文化言語学部は、建学の精神のもと、教育研究の目的に則り、コース別に以下の能力を身につけ、所定の単位を修得した学生に卒業を認定し、「学士(文学)」の学位を授与します。

日本語日本文学コース
  • (1)日本文学、日本文化、書道文化、日本語・日本語教育に関する幅広い知識を身につけ、多文化共生が進む地域社会に貢献できる。
  • (2)日本文学、日本文化、書道文化、日本語・日本語教育に関する専門的な学修を踏まえて、課題を発見し、解決できる。
  • (3)演習や卒業論文執筆を通して、課題解決能力と高度な日本語コミュニケーション力を身につけ、広く社会に貢献できる。
現代コミュニケーションコース
  • (1)幅広い教養とグローバル社会に対応できる日本・諸外国の社会・文化・歴史等に関する専門的知識を有し、コミュニケーション力と人間力豊かなリーダーシップを発揮して社会に貢献できる。
  • (2)地域や国際社会の抱える諸問題を発見し、グローバル・グローカル・ローカルな視点で的確に分析して解決する方法を提案し、問題解決に参画できる。
  • (3)外国語(英語・中国語・韓国語)の高度な運用能力を備え、それぞれの言語圏に関する研究と国際交流を通じて幅広い異文化理解力を身につけ、国際的視野に立って活躍できる。

生活科学部 栄養科学科

生活科学部は、建学の精神のもと、教育研究の目的に則り、以下の能力を身につけ、所定の単位を修得した学生に対して卒業を認定し、「学士(栄養学)」の学位を授与します。

  • (1)幅広い社会的関心と教養を有するとともに、栄養・食品・医療・教育等に関する先進的な専門的知識を修得している。
  • (2)食に関する知識を基盤とした実践的技能を有するとともに、科学的に情報を分析・活用できる能力と、専門的知識や豊かな人間性に基づく優れたコミュニケーション力を身につけている。
  • (3)専門職としての役割を理解し、社会的責任感と倫理観を備え、自主的自律的に研鑽に努めつつ社会に貢献しようとする態度を備えている。
  • (4)積み上げてきた体系的知識・技能及び最新の知見を総合的に捉え、保健・医療・福祉・教育・行政等の専門分野の課題に対して的確な考察・判断を行う能力をもち、専門職業人として他職種との連携のもと、実践に移す能力を身につけている。

短期大学部 総合生活学科

総合生活学科は、建学の精神のもと、講義、演習、実技および実験・実習を通して以下の素養・能力を身につけ、かつ所定の単位を修得した学生に卒業を認定し、「短期大学士(生活学)」の学位を授与します。

  • (1)文化・社会や自然に関する知識を体系的に理解するとともに、主体的な学びを通して豊かな人間性を培い、良識のある社会人としての教養や態度を身につけている。
  • (2)生活に関連する情報、福祉・健康、アパレル・インテリアの領域において専門的知識・実践的技能を身につけ、実生活に活かし役立てることができる。
  • (3)自らの倫理観・職業観を確立し、現代社会の諸問題に対して主体的に考え、行動することができる。
  • (4)様々な手法による情報活用能力を身につけ、様々な人々とコミュニケーションをとりながら、自らの意見を適切に表現し、良好な人間関係を発展させることができる。
  • (5)多様な立場の人々を理解するとともに協力しあい、地域社会に貢献することができる。

短期大学部 食物栄養学科

食物栄養学科は、建学の精神のもと、講義、演習、実技および実験・実習を通して以下の素養・能力を身につけ、かつ所定の単位を修得した学生に卒業を認定し、「短期大学士(食物栄養学)」の学位を授与します。

  • (1)文化・社会や自然・生命に関する広い知識を身につけている。
  • (2)食物、栄養および健康に関する深い専門的知識を身につけている。
  • (3)食物、栄養および健康に関する諸問題に対して興味・関心を持ち、自ら分析・解決するための思考・判断力を身につけている。
  • (4)食を通じて人々の健康の増進・疾病の予防に貢献するための実践的技能を身につけている。
  • (5)多様化する社会の要求に柔軟に対応するための豊かな表現力とコミュニケーション力を身につけている。
  • (6)知識を基にさまざまな思考様式や価値を理解し、知を高める主体的な意欲・態度を身につけている。

短期大学部 幼児教育学科

幼児教育学科は、建学の精神のもと、講義、演習、実技および実験・実習を通して以下の素養・能力を身につけ、かつ所定の単位を修得した学生に卒業を認定し、「短期大学士(幼児教育学)」の学位を授与します。

  • (1)保育・教育に関する基本的な理解ができている。
  • (2)子どもの権利、福祉についての見識、問題意識が備わっている。
  • (3)子どもの成長、発達、健康、保健、食などについて、生活や活動を発展・充実させるための総合的な理解ができている。
  • (4)子どもの表現や遊び、生活・活動等を豊かにする保育・教育の実践的な技量が備わっている。
  • (5)子どもの発達や子どもを取り巻く環境などを理解し、適切に対応しようとする態度が備わっている。
  • (6)保育についての実践と省察を重ね、保育者としての資質・能力が備わっている。
  • (7)保育の世界や地域社会に関わる態度と意欲が備わっている。