学部・学科紹介FACULITY

短期大学部 幼児教育学科

ご挨拶

子どもに信頼され慕われる教養豊かな保育者
を目指してください。

 幼児教育学科では2年間で幼稚園教諭二種免許状、保育士資格を取得することができます。この免許・資格を活かして、卒業生は幼稚園、保育所、認定こども園などに就職していきます。現在でも、多くの卒業生が保育者として活躍しており熊本県内の保育者の約3割が本学卒業生です。毎年、たくさんの求人票をいただくことができるのも、幼児教育学科に対して保育界から厚い信頼を得ているからこそです。「保育なら尚絅」、そういう声も多くいただいています。

 今日保育の世界では、より高い知識や技能を身につけた教養豊かな保育者が求められています。もちろん、それは2年間の学修のみで身につくほど簡単ではありません。保育現場でのたゆまぬ研鑽と経験の蓄積によってはじめて本物の保育者となることができるのです。子どもに寄り添い、子どもの成長、発達を豊かに育むことのできる確かな知識と実践力を有する保育者を育成することが幼児教育学科の使命です。

 幼児教育学科では、保育者を目指す皆さんの夢実現のため2年間の学生生活が有意義なものとなるように全力で支えていきます。
 皆さんも私たちと共に幼児教育学科で学んでみませんか。

小川内 哲生
幼児教育学科長(教授)
教育心理学 発達心理学

学びの特徴

POINT 1 実践形式の授業で即戦力としての実力を
幼児期の保育、教育、心理、造形、音楽、福祉などの分野を演習に取り入れた実践形式の授業で知識と技能を高めます。卒業生の9割以上が幼稚園・保育所などの専門職に就職し、即戦力として活躍しています。
POINT 2 2年間で二つの資格を取得
2年間で幼稚園教諭二種免許と保育士資格の二つの資格を取得できます。また、熊本県内のあらゆる地域の幼稚園・保育所・施設に関する情報も多くの蓄積があり、就職活動も先生方がしっかりとサポートしてくれます。
POINT 3 クラスで楽しく学生生活を
本学科ではクラスごとに授業や行事に参加します。その中でたくさんの友達ができ、先生方との距離も近くなります。学生に聞いた「幼児教育学科に入学してよかったと思うこと」の1位は“いい友達に出会えたこと”でした。

実習について

子どもとふれあって実践的技術を身につける10週間

本学科では、保育の現場を生で感じられる実習にも力を入れており、幼稚園や保育所の子どもたちとふれあい、子どもの心を理解していくことができます。実習は、附属幼稚園を始め、学外の幼稚園・保育所及びその他の福祉施設で行われ、実習期間は2年間で10週間と充実しており、保育者としての自覚や実践技術を身につけることができます。また、授業の『保育実習指導』『教育実習論』では、実習の手続きを始め、実習への心構えや実習記録の取り方などきめ細かい指導を行っています。さらに、実習の事前・事後の指導や相談が行われ、サポート体制も万全です。

実習スケジュール