学部・学科紹介FACULITY

生活科学部 栄養科学科

ご挨拶

すばらしい管理栄養士を育てます。

4年課程の生活科学部栄養科学科は、主に管理栄養士を育成する学科です。21世紀の健康的な社会の構築に貢献すると共に、食生活や食糧問題に関して国際的視野に立った新しいあり方を探る学部です。健康・栄養に関する高度な知識を習得し、社会の要請に対応できる技術と資格を有する専門職業人の育成を目指しています。

具体的には「健康、保健、医療、福祉および介護の分野で活躍できる管理栄養士」、「生活習慣病など国民の健康課題に対応できる高度な専門知識と技術をもった管理栄養士」、「食品の品質管理、研究・開発に携わる管理栄養士」などを育成します。

徳冨 芳子
生活科学部長 栄養科学科長(教授)
生理学、薬理学

学びの特徴

POINT 1 実践力のある管理栄養士を育成
理論と実践を重視したカリキュラムを通して、より専門性の高い知識・技術・経験と高いコミュニケーション能力を兼ね備えた管理栄養士を育成します。
実践力のある管理栄養士を育成
POINT 2 充実した環境を整備
設備の充実した、給食経営管理実習室、栄養調理学実習室、臨床栄養実習室、食品加工学実習室などがあります。これらの施設・設備を活用して、管理栄養士・栄養教諭として必要な知識・技術を習得するための実験・実習を実施します。
充実した環境を整備
POINT 3 管理栄養士国家試験対策の強化
管理栄養士国家試験対策講座、模擬試験等を実施し、管理栄養士国家試験合格を目指します。
管理栄養士国家試験対策の強化

学びのステップ

1年次 管理栄養士に必要な基礎力の一般教養を学ぶ
「基礎化学」「生化学」「生化学実験」「食品学」「食品学実験」「栄養学総論」「調理学実習」など食品学、栄養学、調理学の基礎及び一般教養科目を学びます。
2年次 管理栄養士に必要な基礎知識を経験へと発展させる
「解剖生理学実験」「食品衛生学実習」「栄養学実習」「給食管理実習」などの実験・実習科目、「臨床栄養学概論」などの臨床系の科目を多く学びます。
3年次 管理栄養士に必要な知識・経験を基に実践力を高める
より高度な専門性を学ぶために必要な科目に加え、管理栄養士として欠かせない栄養指導・栄養カウンセリング等の技術を学びます。また、臨地実習を通して、知識・経験と実践を結びつけます。
4年次 学びの集大成
卒業研究を行います。また、管理栄養士国家試験対策講座、模擬試験を実施し、管理栄養士国家試験合格をめざします。