司書資格・司書教諭資格FACULITY

現代文化学部

司書資格

図書館で働こう
子どもから大人まで
読書の楽しみと喜びを伝えるために
司書のスペシャリストを育てます。

本や図書館が好きな人も、そうでない人も、
誰もが図書館をもっと身近な存在として
感じることができるようにお手伝いをする仕事、
それが司書です。

4年間で取得する
公共図書館や学校図書館、大学図書館に勤務する際に必ずといってよいほど求められる司書資格。現代文化学部生なら誰でもチャレンジできるように、カリキュラムや時間割が設定されています。
図書館を体験する
インターネットや図書館を用いた情報探索や読み聞かせなど実践力を磨くことのできる授業も用意しています。関東・関西、九州各地への図書館見学ツアーも毎年実施し、建築・設備・さまざまなサービスに対応した新しい図書館を体験することができます。
図書館に就職する
1年次より県内外の採用情報を提供しています。図書館実習やインターンシップもサポートしているほか、希望者には在学中の図書館でのアルバイトの情報も提供します。現在も熊本県内の公共図書館や学校図書館などで、20名以上の卒業生が活躍しています。
OGメッセージ
熊本県立図書館 司書中島 菜穂さん(平成27年3月卒業)

小学生の頃に図書室の雰囲気に魅了され、中学校、高校とずっと図書委員に在籍していました。高校の司書の先生に巡りあったことをきっかけに図書館で働きたいという思いが強くなり、司書資格をとるため尚絅大学に入学しました。大学では、図書館ツアーに参加してみたり、在学中に熊本県立図書館で働く機会に恵まれ、次第に司書の仕事は天職だという確信を得るに至りました。

やりがいの感じられる仕事を見つけられたこと、それを応援してくださった先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。不安はありましたが、夢を諦めず努力していけば、なにかしらの道は開けてきます。これから夢を追いかける高校生の皆さんは、ぜひ前向きな気持ちで頑張ってほしいと思います。

大津町立おおづ図書館 司書杉本 麻衣さん (平成26年3月卒業)

私は幼いころから本が好きでしたので、司書資格を取ることを1つの目標に大学に入学しました。司書課程の授業では、図書館経営、読書教育、分類、情報サービスなど幅広く学びました。

実際に図書館に勤務するようになってからというもの、毎日の生活に必要な情報を求めて来館される方々が予想以上に多いことを実感しています。利用者の方から質問を受けた際には、質問のキーワードを知っている場合と、まったく知らない場合とでは、資料を利用者に提供するまでの時間や資料そのものが違ってきます。司書として日頃から情報に対するアンテナを張っておくことの大切さを改めて感じています。

将来、司書を志す皆さんにはインターンシップや実習、図書館ツアーなど、図書館に関わる機会があれば学生時代から積極的に参加することをお薦めしたいです。経験を通して授業で学んだことを深め、図書館のもつ独特な雰囲気を実感することができると思います。

  • 現代文化学部・文化言語学部:公開講座
  • 司書資格