お知らせINFORMATION

食物栄養学科からのお知らせ

【食物栄養学科】日本調理科学会平成28年度大会にて2年生が発表しました。

8月28日・29日に名古屋学芸大学に於いて一般社団法人日本調理科学会平成28年度大会が開催されました。
29日に
NPOキャンパーによる平成28年熊本地震における炊き出しの活動報告が行われ、本学科2年生の馬場水晶さん、岡本莉子さんが学生ボランティアの代表として、今回の活動を通して学んだことや得られたことを発表しました。

炊き出しを支援して学んだこととして、大量調理のノウハウや作業中の声かけ、コミュニケーション・協力の重要性、人と人のつながり・助け合い、自ら意欲を持ち取り組むことの大切さを挙げていました。食事を提供する喜びを感じ、栄養士を志す気持ちがより強くなったことが大きな収穫だった、と発表しました。
まとめでは、「自分たちも被災したが、このような機会を頂き、大変ありがたかった。大学が休講になり、自宅や避難所にいても余震が続き気が滅入っていたので、炊き出しに参加して皆と会えることが嬉しかった。被災者の皆様の役に立ち、自分も成長できたので一石二鳥以上の収穫が得られた。」と話し、NPOキャンパーのスタッフの皆様を始め、中村学園大学の先生方、学生ボランティアの皆様などとの多くの出会いへの感謝を口にしていました。

会員の先生方を前に初めは緊張していましたが、堂々と発表を終えることができました。2人にとって大変貴重な経験になったことと思います。

 

最後になりましたが、学生にこのような発表の機会を頂きましたNPOキャンパー、日本調理科学会の皆様に心より御礼申し上げます。

 

 

★炊き出し活動の内容については、下記ページからもご覧いただけます。

【食物栄養学科】益城町で炊き出し支援を行いました。
http://www.shokei-gakuen.ac.jp/univ/topics/shoku_11237.html

CIMG5568 CIMG5577
(1)発表の様子① (2)発表の様子②
CIMG5570 CIMG5574
(3)発表の様子③ (4)発表の様子④

この他のお知らせ