お知らせINFORMATION

就職・進路支援センター、就職課からのお知らせ

【就職】令和元年度大学コンソーシアム熊本主催「夏季インターンシップ成果発表会」に参加しました(2019.10.12)

2019年(令和元年) 10月12日(土)、

「令和元年度 夏季インターンシップ成果発表会」がメルパルク熊本で実施されました。
今年の夏、県内の企業や団体でインターンシップに参加した約150名の大学生がお互いに、意見を交換し合いました。
本学からは、文化言語学部3年生、現代文化学部1年生、2年生、生活科学部1年生、2年生、
総合生活学科1年生、の43名が成果発表会へ参加しました。

 

<成果発表会 全体の様子>

 

第一部では、インターンシップへ参加した他大学の学生たちと9名~10名のグループをつくり、
事業所の方々にもグループに入っていただき学生たちの討論を聞いていただきながら、
1:参加した感想。2:発見や習得したこと、反省点。3:就職および就職活動にどのように役立つか。
の3項目について、自己紹介や現在の心境を踏まえて意見交換と振り返りを行いました。

 

<第一部:グループ内発表の様子(1)><第一部:グループ内発表の様子(2)>

第二部では、各大学の代表者7名による成果発表が行われ、
今回のインターンシップの内容や学び、発見した課題点を参加学生全員で共有しました。

本学の代表として、生活科学部2年生の永谷まどかさんが、
社会福祉法人熊本県社会福祉協議会様でのインターンシップの経験を通して、
卒業までに取り組みたい課題点や気づき学んだ点などについてパワーポイントにまとめ、
他大学の学生と事業所の皆様へ向けて発表を行いました。

<第2部:成果発表会の様子>

永谷さんは、発表の中で災害ボランティアセンターの運営から保育士等の斡旋など、
幅広く地域住民を支えている福祉の現場を通じ、福祉の観点より、社会人としてできることや、
自分の意識・考えについて変化があったこと。また将来災害が起こった際には、
被災者の心を癒し健康を気にかけられるような管理栄養士になりたいと思った等の意見を踏まえて発表しました。

学生にとって今後に繋がる貴重な体験となりました。
企業の皆様、大学コンソーシアム熊本、各大学関係者の皆様に感謝申し上げます。

この他のお知らせ