お知らせINFORMATION

文化コミュニケーション学科からのお知らせ

【現代文化学部】授業紹介「Communicative Grammar I」(竹下裕俊教授)

現代文化学部では、1年生の前期・後期と2年生の前期に全学生必修の英語の授業があります。「Communication Workshop Ⅰ·Ⅱ·Ⅲ」と「Communicative Grammar Ⅰ·Ⅱ·Ⅲ」です。

入学時点では、高校までに身につけてきた英語力にはひとりひとり開きがあります。そこで、本学部では入学直後に外部検定試験を全員が受験して、その結果をもとに習熟度別に3つのクラスを編成しています。

英語ネイティブを含む3人の教員がそれぞれのクラスにふさわしいテキストを選定して授業を担当することにより、英語が好きで自信のある学生は、さらにその力を伸ばして実力を高めて留学にまで繋げることが可能です。また、英語に不安を持つ学生も、安心して英語の基礎をしっかりと身につけることができます。

今回ご紹介する「Communicative Grammar Ⅰ」の授業は、竹下教授が担当するクラスですが、残り2クラスも他の教員によって同時開講されています。

その他のお知らせ