お知らせINFORMATION

文化コミュニケーション学科・文化言語学科からのお知らせ

【現代文化学部】授業紹介「地域マネジメント研修Ⅰ」(柳田紀代子教授)

3年生向け選択必修科目「地域マネジメント研修Ⅰ」では、2010年の新幹線全線開業を機に地域活性化の切り札として誕生した「くまモン」が巻き起こした現象について、経営学、社会学的観点から分析を行い、さらなる地域活性化策について提案をまとめることに取り組んでいます。

くまモンは今やアジアを中心に世界中で人気となっていますが、最初から順調に人気が出たわけではありません。学生たちはまず熊本県のブランド戦略について理解し、くまモンの人気に火がついた経緯を学びました。さらに、くまモンの聖地「くまモンスクエア」における学外学修を経て、若い女性をターゲットにした場合の課題・改善策についてグループディスカッションを行い、各グループの提案をまとめる作業に入りました。

8月10日の講義では、熊本県庁くまモングループの担当職員を前に最終プレゼンテーションを行いました。女子大学生ならではの気づきや提案は、県の担当職員も新鮮に受け止めていただいたようです。

後期開講予定の「地域マネジメントⅡ」では、学生の提案したPR手法やグッズの開発等を具体化し、さらに観光キャンペーンや県産品の販促等、実践的な学びを深めることとしています。今回の学びを今後の熊本の地域活性化に活かしてもらえればと期待しています。

その他のお知らせ