お知らせINFORMATION

子育て研究センターからのお知らせ

【尚絅子育て研究センター】【幼児教育学科】第16回公開シンポジウムと第31回サマーセミナーのご案内です

7月30日(土)に武蔵ヶ丘キャンパスにて、第16回公開シンポジウムと第31回サマーセミナーを同日開催いたします。

4月14日からの熊本地震により、心が落ち着く間もなく、毎日が過ぎていくばかりです。とくに子どもたちの心と身体は、これからもいろいろな形で今回の体験を表現していくことと思います。また、子育て中の親御さんも我が子のことで何かと心配をされていることでしょう。

このような状況の中、子育て中の方や、親子に関わる保育者の皆様のお力に少しでもなれたらという思いで、16回目を迎える公開シンポジウムの開催を決断しました。どんな状況にあっても、子どもの笑顔は絶やしてはならない。そう強く願うとき、私たちはどれだけ安心して、楽しく過ごせる時間を子どもたちと共に創れるか、ワクワクドキドキする遊びを仲間と膨らませていける環境を創造できるか…。今こそ、私たち大人に問いかけられているような気がします。

そこで、今回の公開シンポジウムは、子どもがもっとも笑顔でいられる「遊び」をテーマに企画しました。講師には、「光る泥だんご」作りの実践や、子どもたちの中の「笑い」や「遊び」について研究されています京都教育大学幼児教育科教授の加用文男先生、そして保育現場からは、坪井幼稚園主任の釡﨑美奈先生、山都町立浜町保育園 主任の平田洋介先生をお迎えして、もう一度、遊びをとらえ直し、お互いに考え合うシンポジウムを企画しました。

午後は、幼児教育学科が30年にわたり実施してきた現職研修の「サマーセミナー」を、例年通りご用意しております。下記のとおり開催いたしますので、ご多用とは存じますが、お誘いあわせの上、多数ご参加くださいますようお願い申し上げます。

 

第16回公開シンポジウム 第31回サマーセミナーのごあんない

第16回公開シンポジウム 第31回サマセミ開講講座のご案内

第16回公開シンポジウム 第31回サマーセミナー申込書

昨年度の公開シンポジウムの様子

昨年度のサマーセミナーの様子

 

 

この他のお知らせ