学部・学科紹介FACULITY

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施方針)

現代文化学部 
文化コミュニケーション学科

現代文化学部は、学則に掲げる目的に基づき、高度情報化とグローバル化が進行する日本社会・文化に関する調査・分析能力を育成すべく、以下のような方針でカリキュラムを編成します。

  • (1)教養教育は、情報処理、統計学、外国語科目、日本語運用力関連科目を提供し、大学での学びおよび社会で必要とされている基本的スキルを育成します。
  • (2)専門教育科目は、教養教育科目からの橋渡しになる科目として1年次から専門導入科目を置きます。
  • (3)2年次後期からは、共通実践科目および実践外国語科目、さらに文化を様々な角度から分析する視座を確立する4つの領域(文芸文化領域、情報メディア文化領域、日本・東アジア社会文化領域、観光文化領域)を設けます。
  • (4)共通実践科目は、高度情報化とグローバル化が進行する地域社会・文化の問題を発見し、協働してその解決を提供する能力を育成することを目的とした科目群であり、基本的に、アクティブ・ラーニング科目によって構成します。
  • (5)実践外国語科目は、実践的な外国語運用能力育成を目的とします。
  • (6)文化を様々な角度から分析する視座を確立する領域として、文芸文化領域、日本・東アジア社会文化領域、観光文化領域、そして情報メディアおよび現代的なサブカルチャーに関する分析能力を育成する情報メディア文化領域の4つの領域を置きます。
  • (7)文化理解の視座を確立することを目的とする4領域に関しては、卒業後の進路に応じて、2つの領域を組み合わせた形で学修を提供すべくデザインします。
  • (8)卒業研究に関しては、各領域から1名ずつの指導教員を配置し、多面的な見方から文化を分析する能力を育成します。

文化言語学部 文化言語学科

文化言語学部は、学則に掲げる目的に基づき、文化と言語を重視した教育と研究を行い、現代社会に有為な人材の育成を目指して、教養教育と専門教育の連携及び資格取得の科目を系統的に展開できるように、以下のような方針でカリキュラムを編成します。

  • (1)教養教育科目は、幅広く深い教養を身につけるために、教養基礎・文化・社会・科学・体育・外国語の6つの科目領域を設け、現代の社会人として求められる多様な基礎知識を修得できるカリキュラムを設定します。また、低年次からキャリアデザイン科目を充実させ、学生一人一人が、女性として自らの夢を実現する力を身につけられるようサポートします。
  • (2)教養教育科目は、主に1、2年次に履修し、より高度な教育内容(教養教育科目、専門教育科目)を段階的に学修できるように設定します。教養科目でも1年次からゼミナール形式の教育を行うことで、大学生としての基礎力やコミュニケーション力を培うとともに、専門教育の学修に必要なアカデミックスキルの修得を目指します。
  • (3)専門教育科目は、日本語日本文学、現代コミュニケ-ションの各コースで専門分野について体系的に深く学べるように科目を編成します。各コースの特性や学修目標に応じて、「必修科目」「選択必修科目」「選択科目」の区別を設け、専門学修の成果として、全員が卒業研究に取り組むことができるように設定します。
  • (4)専門での学修に加え、教職課程(中学国語・高校国語・高校書道)、司書課程(司書・司書教諭)、日本語教員養成講座を設け、また、秘書士・上級秘書士・情報処理士の資格が取得できる科目を設定し、社会の即戦力となるための力を養います。コース別に以下のようなカリキュラムを編成します。
日本語日本文学コース
  • (1)専門の日本語学、日本語文学、漢文学だけでなく、書道をはじめとする日本の伝統・文化を理解する力を身につける科目や、学際的で幅広い視野をもって履修できる科目を設定します。
  • (2)日本語学、日本語文学、漢文学、日本語教育について概論や文学史のような基礎的科目を踏まえたうえで、専門的な科目(講義・講読・演習)への履修を配置します。
  • (3)各講義・演習等を踏まえたうえで、深く学修する分野を選択して「卒業論文」の作成に至る構成となっています。卒業論文指導も毎週の指導に加え、中間発表会(複数回)、卒業論文要旨発表会を行い、後輩にも参考になるような指導を行います。
  • (4)学科の専門教育と連動する形で、教員免許状(中学国語、高校国語、高校書道)を取得する教職課程や、日本語教員養成講座のほか、図書館司書、司書教諭、秘書士、情報処理士といった資格取得のための科目群を設置します。
現代コミュニケーションコース
  • (1)実践的なコミュニケーション力を身につけるために、4つの領域「社会理解」「サービスラーニング」「情報・ビジネス」「日本語・外国語」に重点を置きます。
  • (2)現代の社会や異文化について理解し専門的知識を習得するために「社会理解」領域の科目を配置するとともに、「サービスラーニング」領域の科目で体験型授業を採り入れ、社会における課題を自ら発見し解決に取り組む能力を段階的に培います。
  • (3)「情報・ビジネス」領域の科目では、現代社会に対応できるスキルや専門的知識を修得するばかりでなく、ビジネス実務士や上級秘書士、上級情報処理士などの資格取得に繋げます。
  • (4)社会で求められている日本語表現力を高めるとともに、外国語(英語・中国語・韓国語)の基礎を固め、さらに高度な実践的運用力を修得することを到達目標とし、「日本語・外国語」領域で科目を体系的に配置します。

生活科学部 栄養科学科

生活科学部は、学則に掲げる目的に基づき、ディプロマ・ポリシーで示す能力を修得させるため、以下のような方針でカリキュラムを編成します。

  • (1)初年次教育として、学修技術や自主的思考力を身につけ、かつ、汎用的技能や専門的知識の修得に必要な基礎学力を身につけるための教育科目を設置し、大学教育への円滑な導入を図ります。
  • (2)幅広く深い教養を培い、豊かな情操や高い倫理観を涵養するために、「教養教育科目」を設置します。
  • (3)管理栄養士に必要な高度な専門的知識・技能を育成するために、「専門教育科目」(専門基礎分野及び専門分野)を段階的、系統的に展開します。また、適切な態度・倫理観、さらにそれらを背景としたコミュニケーション力を育成するために、実験・実習・演習を体系的に配置します。
  • (4)栄養士・管理栄養士としての創造的思考力・判断力、社会性、協調性を育成するために、専門的知識と技能の統合的・実践的学修の場として、「管理栄養士総合演習」「臨地実習」「卒業研究」を設置します。
  • (5)栄養教諭(一種)が備えるべき教育学的見識と十分な指導・教育力を育成するために、教養教育および専門教育と連動するかたちで、教育職員免許状取得を目指す教職課程を設置します。

短期大学部 総合生活学科

総合生活学科は、学則に掲げる目的に基づき、卒業認定・学位授与の方針に掲げる能⼒を習得させるために、以下のような方針でカリキュラムを編成します。

  • (1)教養科目と専門教育科目の履修を通して、学習能力と基礎学力を向上させます。教育方法として、必修科目にも少人数教育を取り入れます。評価方法は、ポートフォリオやGPAを用いて、自己評価と他者評価で測定します。学期毎にカリキュラムマップ等を活用して、教員による個人面談を実施します。
  • (2)「情報ビジネス」「福祉ウェルネス」「生活デザイン」の3つの領域の履修を通して、専門的知識と実験や実習による実践的技能を身につけます。
  • (3)教養科目やキャリア科目の履修を通して、主体的に考え行動するアクティブラーニングを取り入れ課題解決能力を育成します。
  • (4)インターンシップ体験や課外活動等を通して、身につけた知識・技能を活かす実践力を伸ばします。成果発表を行い、学びの振り返りを促します。
  • (5)ボランティア実習や卒業演習を通して、地域社会で貢献できる女性を育成します。

短期大学部 食物栄養学科

食物栄養学科は、学則に掲げる目的に基づき、健康づくりの担い手としての思いやりと責任感を併せ持ち、そのうえで幅広い知識・技術・能力を身につけた実践力のある栄養士を育成するため、以下のような方針でカリキュラムを編成します。

  • (1)さまざまな思考様式や価値観を理解し、文化・社会や自然・生命に関する知識を広く修める人間教育を目的とした教養科目と栄養士としての専門的知識・技能を身につけるための専門教育科目から構成されるカリキュラムを設置します。このカリキュラムは、段階的に基礎を固め、その上に専門的知識を積み上げられるよう、初年次教育をも念頭に置いて系統立てて編成します。
  • (2)教養科目のうち、人間教育上必須となる科目および特に専門教育科目の基礎と位置づけられる科目を必修科目とします。
  • (3)栄養士法施行規則に基づき、専門教育科目を「社会生活と健康」「人体の構造と機能」「食品と衛生」「栄養と健康」「栄養の指導」および「給食の運営」の6領域に区分します。さらに、質の高い栄養士の育成を目的として「その他関連項目」を配置します。
  • (4)専門教育科目のうち、栄養学的専門知識とその理論を習得する上で必須と位置づけられる科目を必修科目とします。さらに、選択科目の中でも特に栄養士業務を遂行する上で習得が必須となる科目を「栄養士免許必修科目」として設置します。栄養士免許必修科目は卒業要件とはならないが、栄養士免許取得には必須となる科目です。
  • (5)専門教育科目の中に、栄養学の理論と知識を基礎とし、さらに栄養士としての実践的能力および技術を身に付けるための実験・実習科目を設置します。具体的な到達目標は、「食品、調理素材の特性や地域性を生かした献立作成能力と調理技術の修得」「疾病の予防と治療のための食事療法の理解と実践能力の育成」「成長期の子どもから高齢者までのライフステージ別の特徴に応じた栄養管理法の修得」および「大量調理における衛生管理や対象者の嗜好に配慮した給食の運営方法の修得」です。また、2年次には実践活動の場として3箇所(学校・保育所、事業所および病院)での校外実習を行います。これらの専門教育科目は学生の能動的学修の充実を図るものであり、同時にキャリア教育の一環としても位置づけます。

短期大学部 幼児教育学科

幼児教育学科は、学則に掲げる目的に基づき、また幼稚園教諭、保育士及び保育教諭の認定・指定養成課程(施設)を有する学科として、保育に関する専門的・実践的な能力の育成、専門職としての保育者及び社会生活に相応しい教養、判断力、人間性等を高めることを目ざし、以下のような方針でカリキュラムを編成します。

  • (1)幼稚園教諭二種免許状及び保育士資格を取得するための科目を、各分野ごとに基礎から系統的に深めるとともに、保育実習や教育実習での実践とも関連づけて学ぶことができるように配置します。
  • (2)個性ある保育者(幼稚園教諭及び保育士)を養成するためにピーク制を導入し、各自の得意分野を深めるため、小グループのゼミ形式で行う「専門研究Ⅰ・Ⅱ」や各領域の専門性を深める選択科目を配置します。
  • (3)保育者としての知識や技能を深めるため、附属こども園での実習を基礎にして、学外のこども園、幼稚園、保育園、施設等で保育を実践的に深めいくことができるよう、2年間で10週間の実習を配置します。
  • (4)2年次後期に演習科目「保育教職実践演習」を配置し、保育に関する2年間の学修を統合すると共に、各自が「履修カルテ」により学修状況を振り返り、現時点における長所や課題を明らかにして、保育者として成長するための方法や方向付けを学ぶことができるようにします。
  • (5)教養科目には、1年次に、本学科における学修を効率的に進めるための「フレッシャーズセミナー」(基礎セミナー)や「キャリアデザイン」を配置するとともに、2年間で専門職としての保育職や実際の社会生活に必要な判断力、人間力、基礎的教養を高めるように科目を配置します。