学部・学科紹介FACULITY

アドミッション・ポリシー

現代文化学部 
文化コミュニケーション学科

尚絅大学は、尚絅学園の建学の精神・教育理念及び大学の理念を理解し尊重する学生を求めます。
 現代文化学部は、高度な日本語運用能力、多様な文化と社会に関する知識を身に付けた上で、高度情報化とグローバル化が進行する日本社会に貢献できる人材を育成することを目指し、次のような学生を求めています。

  • (1)日本の表現文化に興味がある人
  • (2)現代的な情報技術に基づいたメディアコミュニケーションに興味がある人
  • (3)国際交流や、国内外の様々な地域文化に関心がある人
  • (4)観光を通じて、地域社会や地域文化の発展に貢献したい人

入学を希望する人には、高等学校等において、国語・英語を中心とした基礎学力 (知識・思考力・判断力・表現力) を習得し、高等学校等における活動などを通じて主体的かつ協働して物事に取り組む力を身につけていることを望みます。これらに関する能力は、入学後の講義、演習等において、問題解決力及びアクティブ・ラーニングにおいて様々な課題を教員・他の学生と協働して探求・解決する力を本格的に育成するために必要となります。

入学者の選抜方法として、一般入試、大学入試センター試験利用入試、推薦入試、自己推薦入試、AO入試、編入学試験、社会人入試及び外国人留学生入試を採用し、上記のような能力や資質を多面的・総合的に評価します。

  • 一般入試では、国語や英語の筆記試験において基礎学力・技能や思考力・判断力・表現力、面接において主体的にかつ多様な人々と協働して学ぶ態度を総合的に評価し選抜します。
  • 大学入試センター試験利用入試では、国語や外国語において基礎学力・技能や思考力・判断力を総合的に評価し選抜します。
  • 推薦入試では、小論文において思考力・判断力・表現力、調査書や面接において基礎学力・技能と共に主体的にかつ多様な人々と協働して学ぶ態度を総合的に評価し選抜します。
  • 自己推薦入試では、自己推薦書において基礎学力・思考力・判断力・表現力・技能、調査書や面接において基礎学力・技能と共に主体的にかつ多様な人々と協働して学ぶ態度を総合的に評価し選抜します。
  • AO入試では、授業体験において思考力・判断力・表現力、面談とエントリーシートにおいて基礎学力・技能と共に主体的にかつ多様な人々と協働して学ぶ態度を総合的に評価し選抜します。
  • 編入学試験では、小論文において基礎学力と思考力・判断力・表現力、面接において多様な人々と協働して学ぶ態度を総合的に評価し選抜します。
  • 社会人入試では、2年以上の社会人経験を有する方を対象に、小論文において思考力・判断力・表現力、面接において、基礎学力と共に社会人としての経験と実績に基づき主体的にかつ多様な人々と協働して学ぶ能力を総合的に評価し選抜します。
  • 外国人留学生入試では、作文において基礎的な日本語の文章能力、面接において日本語の会話能力、日本で学習する意欲などを総合的に評価します。

生活科学部 栄養科学科

尚絅大学は、尚絅学園の建学の精神・教育理念及び大学の理念を理解し尊重する学生を求めます。
 生活科学部は、健康の保持・増進や疾病の予防・治療を目的にした栄養指導、医療・福祉・教育分野での栄養管理、食育、食品の研究・開発などに強い関心を持ち、食・栄養の専門家としての高度な知識・技能の修得と、管理栄養士の国家資格取得を目指して努力し、優れた見識・国際感覚・豊かな人間性を身につけたいという意欲が強い学生を求めます。
 具体的には、次のような意欲にあふれた人を求めます。

  • (1)管理栄養士養成カリキュラムの履修に必要な基礎学力を持ち、主体的に勉学を遂行できる人
  • (2)管理栄養士として社会に貢献しようと考えている人
  • (3)食と健康に関する現代的テーマに、強い探究心をもって取り組もうと考えている人
  • (4)生物学・化学などの生命科学に興味があり、専門的な真理を探究する意欲を持つ人
  • (5)他の専門職との連携やチームワークに必要な協調性を持つ人

入学を希望する人には、高等学校等において、生物、化学、物理、数学など、生命科学を学ぶための基礎知識や思考力・判断力を習得し、主体的に他者とのコミュニケーションを円滑に行うために国語や英語の基礎学力を身につけていることを望みます。これらに関する能力は、入学後の講義、実験・実習・演習等において、他の学生と協働して様々な課題を探求・解決する能力を育成するために必要となります。

入学者の選抜方法として、一般入試、大学入試センター試験利用入試、推薦入試、編入学試験及び社会人入試を採用し、上記のような能力や資質を多面的・総合的に評価します。

  • 一般入試では、国語、英語、生物基礎、化学基礎の筆記試験において基礎学力・技能、思考力・判断力・表現力を総合的に評価し選抜します。
  • 大学入試センター試験利用入試では、国語、外国語、数学、理科において基礎学力・技能、思考力・判断力を総合的に評価し選抜します。
  • 推薦入試では、調査書及び口頭試問において一般教養や生物基礎、化学基礎の分野から基礎学力・技能を総合的に評価し選抜します。
  • 編入学試験では、学力試験及び面接において、栄養士養成専門教育に関する分野から、基礎学力と、思考力・判断力・表現力を総合的に評価し選抜します。
  • 社会人入試では、2年以上の社会人経験を有する方を対象に、小論文において思考力・判断力・表現力、口頭試問において、基礎学力・技能と共に社会人としての経験と実績に基づき主体的にかつ多様な人々と協働して学ぶ能力を総合的に評価し選抜します。

短期大学部 総合生活学科

尚絅大学短期大学部は、尚絅学園の建学の精神・教育理念及び大学の理念を理解し尊重する学生を求めます。
 総合生活学科は、質の高い家庭・社会生活の創造に関心を持ち、地域社会で活躍したい次のような学生を求めます。

  • (1)情報・福祉・衣食住に関連した専門的知識・実践的技能を主体的に身につけ、実生活に活かす意欲がある人
  • (2)現代社会の諸問題に対して、自らの倫理観・職業観を踏まえて適切に意見を表現しようとする人
  • (3)多様な立場の人々とコミュニケーションをとりながら理解・協力し合い、地域社会に貢献できる人

入学を希望する人には、高等学校等において、国語、英語、社会などの基礎学力(知識・思考力)を習得し、高等学校等における活動を通じて豊かな表現力を身につけていることを望みます。これらに関する能力は、入学後の講義、演習、実習等を通じて、様々な分野で主体的に協働できる能力を身につけるために必要となります。

入学者の選抜方法として、一般入試、大学入試センター試験利用入試、推薦入試、自己推薦入試、AO入試、社会人入試及び外国人留学生入試を採用し、上記のような能力や資質を多面的・総合的に評価します。

  • 一般入試では、国語や英語の筆記試験において基礎学力・技能や思考力・判断力・表現力を総合的に評価し選抜します。
  • 大学入試センター試験利用入試では、2教科2科目から基礎学力・技能、思考力・判断力を総合的に評価し選抜します。
  • 推薦入試では、小論文において思考力・判断力・表現力、調査書において基礎学力及び主体的に協働できる能力を総合的に評価し選抜します。
  • 自己推薦入試では、自己推薦書において基礎学力と思考力・判断力・表現力・技能、調査書と面接において基礎学力・技能と共に主体的にかつ多様な人々と協働して学ぶ能力を総合的に評価し選抜します。
  • AO入試では、授業体験において思考力・判断力・表現力、面談とエントリーシートにおいて基礎学力・技能と共に主体的にかつ多様な人々と協働して学ぶ能力を総合的に評価し選抜します。
  • 社会人入試では、2年以上の社会人経験を有する方を対象にして、小論文と面接において、その経験に基づく基礎学力と思考力・判断力・表現力及び主体的に協働できる能力を総合的に評価し選抜します。
  • 外国人留学生入試では、作文において基礎的な日本語の文章能力、面接において日本語の会話能力、日本で学習する意欲などを総合的に評価します。

短期大学部 食物栄養学科

尚絅大学短期大学部は、尚絅学園の建学の精神・教育理念及び大学の理念を理解し尊重する学生を求めます。
 食物栄養学科は、高い倫理観に加えて高度な知識と技術を身につけ、実践力を有する栄養士として健康を食の面から支え社会に役立ちたいと思っている次のような学生を求めます。

  • (1)高等学校卒業程度の基礎学力を有している人
  • (2)人の健康づくりに興味があり、基本から主体的かつ体系的に学んで栄養士になりたいと思う人
  • (3)次世代を担う成長期の子どもを対象に食育の推進に貢献したい人
  • (4)疾病の予防と治療のための食事療法について学び、その知識・技術や課題解決のための思考力・判断力を社会で生かして活躍したいと考えている人
  • (5)高齢者をはじめとする福祉の分野で食を通して生活の質の向上を支援したい人
  • (6)食物・栄養・健康に関する幅広い知識・技術や課題解決のための思考力・判断力を家庭や地域社会の健康管理に役立てたいと思う人

入学を希望する人には、高等学校等において、栄養学の基礎となる生物学や化学などの理数系科目の基礎知識と思考力を習得し、また、他者とのコミュニケーションを円滑に行うために国語や英語の基礎学力を身につけていることを望みます。これらの学力は、入学後の授業等において専門性の高い問題に対する自己解決力の基礎となることは勿論、他の学生と協働して様々な課題を探求・解決するための能力を育成するためにも必要となります。

入学者の選抜方法として、一般入試、大学入試センター試験利用入試、推薦入試、自己推薦入試、AO入試、社会人入試及び外国人留学生入試を採用し、上記のような能力や資質を多面的・総合的に評価します。

  • 一般入試では、国語や英語の筆記試験において基礎学力・技能や思考力・判断力・表現力を総合的に評価し選抜します。
  • 大学入試センター試験利用入試では、国語又は外国語から1科目及び理科1科目から基礎学力・技能、思考力判断力を総合的に評価し選抜します。
  • 推薦入試では、小論文において思考力・判断力・表現力、調査書により基礎学力及び主体的に協働できる能力を総合的に評価し選抜します。
  • 自己推薦入試では、自己推薦書において基礎学力と思考力・判断力・表現力・技能、調査書と面接において基礎学力・技能と共に主体的にかつ多様な人々と協働して学ぶ能力を総合的に評価し選抜します。
  • AO入試では、授業体験において思考力・判断力・表現力、面談と
  • エントリーシートにおいて基礎学力・技能と共に主体的にかつ多様な人々と協働して学ぶ能力を総合的に評価し選抜します。
  • 社会人入試では、2年以上の社会人経験を有する方を対象にして、小論文と面接において社会人としての実績や経験に基づく基礎学力と思考力・判断力・表現力及び主体的に協働できる能力を総合的に評価し選抜します。
  • 外国人留学生入試では、作文において基礎的な日本語の文章能力、面接において日本語の会話能力、日本で学習する意欲などを総合的に評価します。

短期大学部 幼児教育学科

尚絅大学短期大学部は、尚絅学園の建学の精神・教育理念及び大学の理念を理解し尊重する学生を求めます。
 幼児教育学科は、子どもに寄り添い、子どもの成長、発達を豊かに育むことのできる確かな知識と実践力を有する保育者の育成を目ざしています。そのために子どもの世界に関心と意欲を持つ次のような学生を求めます。

  • (1)子どもの世界(こころ、生活、遊び、健康等)に関心を持ち、そのための理論と技量を身につけたいと考える人
  • (2)子どもの権利や福祉に関心を持つ人
  • (3)保育職(幼稚園教諭、保育士、保育教諭、施設保育士)に就き、地域社会に貢献したいと考える人
  • (4)保育に必要な自己表現やコミュニケーションの能力を身につけたいと考える人

入学を希望する人には、中学校や高等学校等において集団的な活動、社会的な活動を通じた主体性・協働性を身につけ、国語を中心とした思考力とコミュニケーション力の基礎を身につけていることを望みます。これらに関する能力は、入学後の講義、演習、実習等において、様々な世代や環境において、他者と協働できる能力を育成するために必要となります。

入学者の選抜方法として、一般入試、大学入試センター試験利用入試、推薦入試、AO入試、社会人入試及び外国人留学生入試を採用し、上記のような能力や資質を多面的・総合的に評価します。

  • 一般入試では、国語や英語の筆記試験において基礎学力・技能や思考力・判断力・表現力を総合的に評価し選抜します。
  • 大学入試センター試験利用入試では、国語と国語以外の1科目から基礎学力・技能、思考力・判断力を総合的に評価し選抜します。
  • 推薦入試では、小論文において思考力・判断力・表現力、調査書により基礎学力及び主体的に協働できる能力を総合的に評価し選抜します。
  • AO入試では、授業体験において思考力・判断力・表現力、面談とエントリーシートにおいて基礎学力・技能と共に主体的にかつ多様な人々と協働して学ぶ能力を総合的に評価し選抜します。
  • 社会人入試では、2年以上の社会人経験を有する方を対象にして、小論文と面接において、その経験に基づく基礎学力と思考力・判断力・表現力及び主体的に協働できる能力を総合的に評価し選抜します。
  • 外国人留学生入試では、作文において基礎的な日本語の文章能力、面接において日本語の会話能力、日本で学習する意欲などを総合的に評価します。