学部・学科紹介FACULITY

文化言語学部文化言語学科は、平成29年度入学生をもって募集を停止し、平成30年4月から現代文化学部文化コミュニケーション学科に生まれかわりました。
新学部である現代文化学部文化コミュニケーション学科は、グローバル化する地域社会と高度情報化が進む現代に対応する人材を育成するために、開設されました。

文化言語学科 現代コミュニケーションコース

異文化を学び日本文化と比較することで社会理解力を培い、
グローバル社会で活躍できる女性を育てます。

グローバル社会で活躍するのに欠かせない4つの専門科目領域「社会理解」「サービスラーニング」「情報・ビジネス」「日本語・外国語」を中心に学ぶことにより、幅広い教養と専門的な知識を有し、コミュニケーション力と人間力豊かなリーダーシップを発揮して、社会に貢献できる女性を育成します。地域や国際社会の抱える諸問題を発見し、的確に分析して解決する方法を提案できる力を養い、社会人として必要なマナーを身につけるための教育も行います。

ご挨拶

異文化比較、地域や海外での学びを背景に社会理解力を習得。
学外学修を通して課題を発見、分析、提案発信できる人材へ。

英語文法、数学公式、古文単語、歴史年号暗記をベースとした高校授業ではなく、現代社会を幅広く複合的に感覚でつかみ、自分の考えを主張、他者の主張を理解することを重ね、問題を解決する力をつけます。
問題解決には、まず現代社会を理解しなければ、課題発見ができません。
現代社会を理解するツールとして、本コースでは韓国や台湾といった地域の人々の文化、習慣、価値観を学び、日本と比較したり、分析したりすることで段階を追って、視野を広げ社会を理解する鋭い目を養っていきます。
もちろん、海外文化との比較の前に、もう一度、日本語自体を確認したり、自国の伝統文化、ビジネスやITスキルの基礎などの再確認プログラムも万全です。
社会理解する力、問題解決する力をつけることに成功したあなたは、4年後、希望する夢の職業に就き、輝いた人生を送っているでしょう。
社会人力を充分に身につけた女性を育成し、希望の就職へつなげます。このコースの大いなる可能性を信じて、それぞれの夢を叶えてください。

所 吉彦
現代コミュニケーションコース主任(教授)
経営学

学びの特徴

POINT 1 様々な国の文化を学ぶ言語教育
異文化を理解するため、日本語・英語・中国語・韓国語の運用能力を高め、これからの国際化時代にも充分対応できるコミニュケーション力の習得を目指します。英語は基礎から応用までを着実に積み上げる教育を行い、中国語・韓国語はコミュニケーションを重視した実践的な教育を行っています。
また、台湾や韓国の大学との交換留学や、短期語学留学を積極的に支援しています。また、4年間で確実に力をつけ、英語・中国語・韓国語の検定試験合格を目指します。
POINT 2 サービスラーニング(学外学修)も取り入れたカリキュラム
身近な熊本の地域社会から海外事情まで学べます。サービスラーニングという教育方法を導入し、社会人としての基礎力を身につけるとともに、多様なフィールドの人々とのコミュニケーション力を習得し、自ら課題を発見し、分析、提案発信できる人材を育成します。具体的な例としては、大津町の地蔵祭りでのブース運営、学校図書館での活動、児童館での英語教育などを行っています。
POINT 3 幅広いビジネススキルや社会人として必要なマナー教育
文書作成や表計算からデザインまで幅広く学べます。企業が求める情報処理能力が身につき、資格も習得できるので就職も安心です。職場や社会で必要なビジネスマナーが身につきます。また、尚絅の伝統を活かして茶道や着付けなどの伝統文化も学ぶことができます。
POINT 4 国際的な視野から「日本」を考察する異文化比較教育
「異文化理解」や「多文化共生」といった観点から、国際化する日本を考察します。また、「国際日本学」という科目では、日本のアニメーション、音楽、映像といったサブカルチャーが国際的にどのような特徴をもっているかについて考察します。
  • 現代文化学部・文化言語学部:公開講座
  • 司書資格