高校 祝【高2 個人】「国際協力中学生・高校生エッセイコンテスト2020 高校生の部」で「国際協力特別賞」を受賞しました

独立行政法人国際協力機構主催の「国際協力中学生・高校生エッセイコンテスト2020 高校生の部」において、総合コース高校2年生の西村彩葉さんが「国際協力特別賞」を受賞しました。

このコンテストは、身近にある自分と世界との接点から自分と世界とのつながりを考え、感じたこと、行動したことをテーマにエッセイを書くもので、今年で「中学生の部」は25回、「高校生の部」は59回を数えます。今年は「中学生の部」で16,956点、「高校生の部」で22,762点、総数で39,718点もの応募がありました。
西村さんは「本当の『寄付と支援』って?」というタイトルで、発展途上国への支援を寄付について考えたことを書きました。授賞式は2月20日(土)にZOOMを用いたオンライン形式で行われ、西村さんも学校のタブレット端末を使用して参加しました。オンラインで審査員の方々や他の受賞者の方々との交流会も行われ、意見交換を行うなど、とても充実した授賞式となりました。

なお、西村さんの作品は「JICA地球の広場」のHP(国際協力中学生・高校生エッセイコンテスト | プログラム紹介 – JICA地球ひろば)にて公開される予定です。
ぜひ、ご覧ください。

学校のタブレット端末を使用し、オンラインで授賞式に参加しました。
副賞のグッズ等
受賞した西村さん