建学の精神ABOUT

智と徳を兼ね備え社会に貢献し得る女性の育成

 本学園は、明治21(1888)年に創設された済々黌附属女学校をその源としており、同校創設に際して創立者の佐々友房らが遺した「濟々黌附属女學校創立ノ主旨」の中には、女子教育の必要性、女子教育の理念などについて縷々述べてあり、その中から建学の精神を表す箇所について要約したものです。

教育理念PHILOSOPHY

尚絅 表面を飾らず内面の充実に努める

 本学園は、校名である「尚絅」の二字に凝縮された言葉をもって教育の理想の姿とし、本学園の教育理念としています。「尚絅」とは、中国の古典『中庸』の一節、「衣錦尚絅」(錦を衣て絅を尚ふ)、すなわち、錦を着た場合はその上から薄物をかけ、きらびやかな模様を表に出さないようにするという君子の道のあり方を説いた句に由来しています。この句には、表面を飾らず内面の充実に努めるという、人としての心構え、あり方が含意されています。

学校沿革HISTORY

1888(明治21年)
済々黌附属女学校として創立
1889(明治22年)
昭憲皇太后より「待春」の御歌を下賜される
1891(明治24年)
済々黌より独立して尚絅女学校と改称
1893(明治26年)
本校独自の裁縫教科課程を編成して裁縫一斉授業を開始し、全国にその名を知られる
1896(明治29年)
尚絅高等女学校と改称
1920(大正9年)
現在地に校舎を新築移転
1928(昭和3年)
尚絅中学・高等学校の旧制服を制定
1929(昭和4年)
尚絅五箇条を制定
1931(昭和6年)
県下女学校の代表として昭和天皇陛下行幸。現在の校歌、校章を制定
1940(昭和15年)
現在の校旗を制定
1948(昭和23年)
学制改革により尚絅高等学校発足
1960(昭和35年)
創立70 周年記念事業として体育館落成
1985(昭和60年)
全国植樹祭時に昭和天皇の御前でマンドリンクラブが演奏披露。昭和天皇より「はなしのぶ」の御製を下賜される
1988(昭和63年)
創立100 周年記念式典挙行
1998(平成10年)
創立110 周年記念式典挙行
2000(平成12年)
「読書活動」優秀実践校として文部大臣表彰を受ける
2008(平成20年)
創立120 周年記念講演会
2011(平成23年)
個々の可能性を伸ばす中高一貫コースを新たにスタート
大学図書館を含む8階建て中高校2号館完成
宿泊施設などを完備した「尚絅学舎」も完成
2012(平成24年)
「尚絅アリーナ」が完成
2013(平成25年)
学園ロゴマークを制定。尚絅中学・高等学校の新制服を制定
創立125周年記念式典挙行
第1回ホームカミングデイ開催
2018(平成30年)
学園創立130周年記念シンポジウム開催

ご挨拶MESSAGE

 本校は、明治21年(1888年)の創立以来、建学の精神のもと一貫して女子教育を実践してまいりました。女性に対する社会の期待が高まる中、しっかりとした基礎力に加え、校名の「尚絅 表面を飾らず内面の充実に努める」を教育理念とし、21世紀の社会で活躍できる女性の育成をめざしています。

 本校では、総合コース・特進コース・一貫コースの3つのコースを設け、女子校の特色を活かしたカリキュラムを用意し、どのコースで学んでも生徒の夢を叶えることができるように、全力でバックアップいたします。そして、様々な教育活動を通して、自己発見、自己実現ができるように導きます。

 あなたの夢を叶えるために、自分の可能性に挑戦し、本校で楽しい学校生活を過ごされますことを願っています。

尚絅中学・高等学校
校長 秦 すみ子