尚絅学園からのお知らせ

平成28年熊本地震に対するお見舞いの御礼

 平成28年4月14日以降の一連の「平成28年熊本地震」によってお亡くなりになった方々に謹んで哀悼の意を表しますとともに、被災をされたすべての方に心よりお見舞いを申し上げます。 また、本学に対して各方面からのご支援及びお [...]

次へ

理事長あいさつ

理事長池満淵学校法人尚絅学園は明治21年(1888年)に当時の済々黌校長であった佐々友房をはじめとする同志により創設された済々黌附属女学校を源とし、今日まで125年余の歴史と伝統を培ってきました。

済々黌附属女学校は4年後に尚絅女学校として独立しましたが、済々黌附属女学校創立の理念は、家族や社会における女性の役割はきわめて重く、国の将来は女子教育に大きく依存するとし、新しい文明社会への対応に積極的に取り組むとともに、日本古来の徳義を重んじ、知徳を兼ね備えた女性を育てることにありました。この建学の精神は、“たとえ身に錦をまとえども薄衣にて覆うほどにつつましやかであれ”を意味する『尚絅』の二文字に凝縮され、校名の由来となっています。

本学園は、大学、短期大学、高校、中学校及び幼稚園を擁する熊本県下唯一の女子総合学園でありますが、建学の精神を常に遵守し、古き良き伝統を育みつつ、社会に貢献し得る自立心豊かな近代女性の育成を目指しています。

次へ

尚絅学園広報誌「礎」

尚絅学園広報誌「礎」

広報誌「礎」ダウンロード

広報誌「礎」バックナンバーへ
ページトップへ