高校 【活動紹介】「不知火地区地域課題解決プロジェクト」に本校生徒も参加しています

現在、県内では「一般社団法人みらいず設計Lab.」様のご協力で、『高校生による熊本県内の地域課題解決プロジェクト』が行われています。このプロジェクトは、県内の高校生が地域の課題探求とその解決に向けて主体的な取り組みを行う活動で、本校生徒もその活動の一つである「不知火地区地域課題解決プロジェクト」に参加しています。
今回はこのプロジェクトの活動について、高校生による報告を紹介します(掲載につきましては「みらいず設計Lab.」様の了承を得ています)。今後のイベント情報は、決まり次第お知らせします。皆さまのご参加・ご協力よろしくお願い致します。
************************************************************************************************************************************************************************
こんにちは!不知火地区地域課題解決プロジェクトです!
私たちは、一般社団法人みらいず設計Lab.の指導の元、県内5校(九州学院高校、ルーテル学院高校、熊本中央高校、尚絅高校、慶誠高校)の高校生19名で活動しています。

尚絅高校からは、一貫高3 岩谷、一貫高1 森、三谷の3名が参加しています。

目標は2つあります。
①鳥獣被害や不知火をもっと多くの人たちに知ってもらい、関係人口を増やすこと。
②不知火を、宇城市全体を盛り上げていく一つの拠点にし、持続可能な地区にすること。
これらを達成していくために、小学生、中学生、高校生それぞれの学生に向けたプランを計画しています。

具体的な内容(案)は下記の通りです。
【小学生対象】
・不知火地域ならではのミッションを課した逃走中
・天候次第で農業体験またはイノシシの皮でリボン作り
・焼き菓子をプレゼント

【中学生対象】
・イノシシの皮でリボン作り
・プロジェクトのメンバーによる講義
・天候次第で講義の内容を使ったクイズ大会またはミニ運動会
・焼き菓子をプレゼント

【高校生対象】
・不知火地域の地域活性化についてのワークショップ
・焼き菓子をプレゼント

※プレゼントする焼き菓子は慶誠高校のパティシエ科のメンバーが現在、開発中です。また、開催は3月27日、28日を予定しています。

【最近の活動】
12月28日に不知火の花火大会のお手伝いをしました。コロナの影響でなかなか花火を見る機会がありませんでしたが、大きな花火で元気づけられました。また、温かいしし汁も用意され、地域の子供達の迫力のある太鼓も披露されました。地域の方々とも交流でき、とても楽しい時間を過ごしました!

コロナ禍でできることが制限されていますが、そんな状況でいかに魅力を伝えられるか、これからも話し合いを続け、頑張ります!
詳しくは下記をご覧下さい。
Instagram:@kmmt.jibie.2019  Facebook:@kmmt.jibie.2019
これまでの活動はこちらから↓
https://linktr.ee/kmmt.jibie.2019
みらいず設計Lab.HP:https://miraizlab.com/