学校法人尚絅学園 行動規範

学校法人尚絅学園(以下、「学園」という)は、建学の精神、教育理念のもと、教育機関としての公共性と 社会的使命を果たしつつ、学園の持続的な発展を図るため、役員及び教職員が遵守すべき行動の基準・指針として、ここに行動規範を定めます。

  • 1.建学の精神、教育理念に基づく人材の育成
    学園の女子教育の歴史と伝統のもと、建学の精神、教育理念に基づく特色ある教育・研究を行い、社会に有為な人材の育成に努めます。また、そのための教育及び学習環境を整備し、授業内容や教育課程の改善を行うとともに、学生・生徒・園児への支援・サービスの向上に努めます。
  • 2.高い倫理観を持った研究活動
    学術研究においては、高い倫理観と価値観を保持し、その研究成果を教育に反映させるとともに、研究活動におけるあらゆる不正行為を排し、適正な研究の実施、研究費の使用に努めます。また、創出された知的財産は適正な保護と活用を図る一方、他者の知的財産権を尊重し権利侵害の防止に努めます。
  • 3.開かれた学園づくりと社会貢献
    学園は社会の一員であるとの自覚のもと、地域社会と積極的に連携・交流を図り、開かれた学園づくりと社会貢献に努めます。
  • 4.法令等の遵守
    法令や社会規範を遵守し、公序良俗に反する行為を厳に慎み、社会人としての品位・品格を保ち、良識・良心に従って判断・行動します。また、学園の方針、諸規則等並びに職制に定める所属長・上長の指示命令を誠実に守り、職場秩序の保持に努めます。
  • 5.人権・人格の尊重
    学生・生徒・園児・教職員をはじめとした全ての者の人権・人格、プライバシーを尊重し、差別、暴力行為、ハラスメント、名誉・信用の毀損、いじめ等の行為を行いません。また、人権・人格等を侵害する行為の防止に努めるとともに、それらの行為があった場合には、学園として厳正に対処し、被害者の救済に適切に対応します。
  • 6.情報の公開と保護・管理
    学生・生徒・園児・保護者・卒業生・教職員はもとより広く社会に対して、経営・教育研究活動等に関する情報を正確かつ適宜・適切に開示し、学園に対する信頼の確保と理解の促進に努めます。一方、学園及び設置校に関する多様な意見・要望や情報提供は真摯に受け止め、説明責任に基づく誠意ある対応を図ります。また、情報の不適切な開示、漏洩、不当利用等の防止のほか、情報の収集・利用・保存・管理に万全を期すとともに、個人情報を含めた守秘すべき情報は、細心の注意を払って保護・管理することに加え、在職中はもとより退職後も流出防止に努めます。
  • 7.健全な学園環境の構築
    教職員はお互いの立場と役割を尊重し一致協力するとともに、透明性、公平性、公正性を確保し、個々の主体性・創造性等の能力が最大限に発揮できるよう、安全で健康的な職場環境を整えることに努めます。また、人命や心身の健康及び学園の持続的な発展を阻害する諸リスクの発生を可能な限り未然に防ぐことに努める一方、リスクが顕在化した場合には、迅速かつ適切に対応します。
  • 8.自然環境への配慮
    現在の地球環境の現状を認識し、自然環境と調和するとともに、積極的に環境保全・資源保護に取組み、限られた地球資源の有効活用と環境への負荷を軽減し、持続可能な社会の実現を推進します。
  • 9.資産・資金等の適正な管理・運営
    学園の資産・資金及び外部資金等は適正に管理・運営し、正当な業務目的のために使用します。また、取引先の選定にあたっては、合理的かつ公正な方法で行い、自己の立場を利用したり、健全な商慣習に反するような不適切な取引は行いません。業務遂行においては、常に公私の別を明確に認識し、個人の利益を求めたり、学園の資産を私的に利用する行為や毀損する行為は行いません。更に、会計に関する法令・基準を遵守し、正しい会計処理を行います。
  • 10.公正かつ適正な入学者選抜
    入学希望者の選抜に当たっては、多様な受験の機会を提供し、公正かつ適正な入学者選抜を行うとともに、関係するあらゆる情報の管理等に細心の注意を払い、厳正な入学者選抜を行います。
  • 11.自己点検・評価の実施
    学園及び設置校の教育・研究をはじめとする諸活動に係る適切な水準維持及び向上に資するため、恒常的に自ら点検・評価を行い、さらに、客観性及び公正性を担保するために外部評価を経るとともに、この自己点検・評価の結果を学内外に公表し、教育・研究の改善や諸活動の業務改善に努めます。
附 則
この行動規範は、平成29年1月1日から施行する。