国際交流INTERNATIONAL

現地レポート

交換留学報告(慈済大学)

アメリカ・東アジア文化言語コース矢須田 葉月
  • 台湾
1. 留学プログラムの内容とその感想について報告してください。
東語系

主に日本語の授業を受けていました。
映像日本という授業では、日本の動画を見ながら単語の説明をしてくれるので語彙力がつきました。
王珠恵先生の授業では、翻訳の基本的なところから同時通訳の練習など、とても勉強になりました。
日本語での授業は、あまり意味がないかもしれないとも考えたのですが、台湾人の学生と協力したり交流する機会になるかと思い、後期には聴講という形でも積極的に参加しました。

東語系以外の授業も受けさせてもらったのですが、内容が難し過ぎることもあり、授業にはまったくついていけませんでした。自分の興味だけで選んでしまったので、内容も考慮したうえで選べば、ついていける授業もあると思います。

華語中心

文法や単語をレベルにあった授業を受けていました。私は、大学の方の授業も受けていたため、他のクラスメイトよりも出席数が少なく、課題もする時間が足りませんでした。クラスメイトみんなが知っていることを知らなかったり、私が知っていることをクラスメイトが全く知らないということがあって、授業にうまく参加できていませんでした。最初の頃は、華語中心で基本的なものを学び、耳も中国語に慣らしていけて助かったのですが、後期に大学の授業を増やしてからは大学との両立がうまくできませんでした。
そのほかにも、台湾文化の関係する活動を一ヶ月に一回程度受けさせていただいていました。文化に触れるいい機会で、他のクラスの外国人とも交流できました。

寮生活、台湾人との共同生活

私のルームメイトは、他の学科の生徒だったこともあり、交流する機会は多くはなかったですが、日本語が全く喋れないので、最初の頃は身振り手振りや、言葉を書いてもらったりすることが必要でした。共同生活をする上でいろいろと困難でしたが、大きく成長できたきっかけにもなりました。環境や生活習慣の違いには、大変驚かされました。靴を部屋の中まで履いているのは違和感がありましたが、慣れてしまうととても生活しやすかったです。4人部屋ともなると、掃除をなかなかしない人もいて、そういう時にも、中国語でコミュニケーションを取り、協力しあったり、大変でしたがとてもいい経験になりました。

その他

大学では不定期にいろいろなイベントが行われていて、出会いのきっかけや文化に触れる機会になりました。ただイベントに観客として参加するのではなく、ステージに立つという形でも参加する機会があり、台湾の友達といい思い出が残せたし、日本にいるときでもなかなか体験できないような貴重な経験となりました。
ともだちと外食に行ったり、休日に遊びにでかけることで、より仲良くなったり、語彙力や文法を新しく学べたり、台湾人の考えを聞いたり、そういう場面で一番知識を吸収できたと思います。

私は冬休みの間に、友達のところにホームステイをして、旧正月を体験することもできました。おおみそかの市場に行って、母方の実家へ行って、お年玉までいただきました。旧正月だけでなく、台湾人の生活の中で、一緒に生活したこともいい経験になりました。

2. 留学プログラムの内容で改善した方が良い点があれば挙げてください。

私の場合、チューターがはっきり決まっていなかったようで、最初は何をすればいいのか戸惑いばかりでした。最初の頃に、チューターの学生と交流する機会をたくさん設けて欲しいです。
私たちは留学先の大学のシステムをほとんど知らなくて、私は運良くクラスの食事会や月一の慈済の食事会に呼ばれる機会があったのですが、知らない日本人はどう参加するのかも分からずに、もったいないと思っていました。

3. 後輩に向けての注意点を挙げてください。

台湾人は少し恥ずかしがってしまいがちなところがあるようで。こちらの方から、積極的過ぎるぐらいに話しかけたり誘ったりした方がいいと思います。「あのとき、思い切って声をかければよかったのに」という後悔をしたこともあれば、「あのとき、もし声をかけなければ、友達になれてなかったかもしれない」という感動もありました。

寮にはついては、大学側の手配次第なのですが、やはり台湾人の学生と同室にしてもらうと、交流の機会はかなり増えます。

4. 留学中日本と比較して気が付いたことなどを報告してください。

一番驚いたのは、台湾人の優しさです。買い物に出かけたときに、全く知らない人に「日本人ですか?」と声をかけられたり、日本人だからとサービスしてくれたりしました。日本人はそういうときに、声をかけるのをためらってしまいますが、台湾人はそういうときに積極的でとても嬉しく感じました。外で声をかけられて、仲良くなったという人も何人もいるので、こういう出会い方は日本ではなかなか少ないことだと思いました。
それとは、逆にタクシー運転手のマナーの悪さやお店の従業員などの態度の悪さに驚きました。そういう点では、日本の礼儀正しさや、働く意識などの厳しさがすばらしいものだということに気づかされました。

学生たちを見ていて特に思ったことは、男性より女性が強いということです。日本人は、昔こそ男尊女卑ですが、今では男女平等の風潮が強くなりました。そんな私たちから見ると、台湾人は女性が男性をリードし、男性はそれにおとなしく従っているという印象を強く受けました。そのような話を台湾人の友達に話しても、そんなことはない、これが普通だと言ってくるので、外国人として直接見てからでないと知ることの出来ないものあるのだと思いました。

食事の違いも大きく、脂っこいものや甘いものが多いと感じました。疲れているときなどに、合わないと感じることもありました。やはり、だしなどがないようで、シンプルな味になってしまっていることが多いと思いました。

飲み物専門の店や朝食専門の店などが多く、美味しいものが気軽に食べられるところは、とても便利で、日本にすくないことが残念に思われました。夜市や屋台も、日本では祭りの時にしか味わえないようなにぎやかさで、とても楽しかったです。日本では家で作って食べることの方が多いので、このようなスタイルが合わないことは分かりますが、とても残念だと思いました。