国際交流INTERNATIONAL

学生のコメント

大住葉子

南ソウル大学 相互研修旅行 2012年
  • 韓国
  • 相互研修旅行

今回の交流会は「言語の学びあい」と「文化の相互理解」の下、3日間に渡って行われました。

初めの2日間は熊本城見学や、阿蘇山での観光客を対象としたアンケート調査など、キャンパス外での観光や体験活動が主でした。それぞれの土地を踏みしめ、ガイドの方や観光客の方、それから韓国の学生たちと言葉を交わしていく中で、日本人である私たちも自国の魅力、そして熊本の魅力について再認識させられました。

3日目のキャンパスでの交流会ではアンケート調査の結果を元に討論会が行われました。討論会には日本の学生は韓国語で、韓国の学生は日本語で自分の意見を述べるというルールが設けられており、初めはなかなか上手く意見を練り上げることができず、歯痒い思いをしましたが、韓国の学生の丁寧なサポートのお陰でなんとか自分の意見をまとめ上げ、発表へと繋げることができました。
また、討論会の後の「日韓文化公演」と題されたコーナーでは、日本の学生が韓国語の創作スキットを披露したり、耳慣れたK-POPのメロディに乗せて全員で歌ったり踊ったりするなどして大いに盛り上がりました。

別れ際には全員で連絡先を交換し、今も尚それぞれに連絡を取り合い、交流を深めています。今や私にとって、韓国の学生一人ひとりがかけがえのない友人です。そんな友人たちともっと仲良くなるためにも、交流のツールとなる言語の習得により一層力を入れるのはもちろん、日韓両国の文化についてもまた学びを深めていくことができればと思いました。

豊永麻記子

語学堂 釜山留学について 2012年
  • 韓国

私は現在、大学院進学を目標に、釜山の語学堂で語学の勉強をしてます。語学堂には日本人、中国人、ロシア人とさまざまな国の人が集まっており、その大半が大学進学、大学院進学を目指している人たちです。授業はすべて韓国語で行われ、地球温暖化や死刑執行についてなどの討論やwritingといった語学面だけでなく知識も問われるような内容のものを勉強しています。

私が初めて釜山に来た時一番に感じたことは日本人の少なさです。ソウルにいた時は至る所に日本人がいて、お店の人はみんな日本語が上手で、そういった環境でした。しかし釜山には学校にもあまりいないし、お店の人も日本語が出来ません。私は最初、そういった環境に不安を感じました。しかし裏を返せば日本語を使わない環境にいることは、語学力を高めるためには良い環境であると気づき、不安もすっととれ、日本人がいない環境にもなれました。韓国人の友人と付き合いながら勉学に励んでいます。今では病院にも一人でもいけるようになりました。

最近気づいたことは、釜山の人はとても温かいということです。初めは、釜山の人たちはなまりがあるせいか、怒っているように聞こえたりおじさん、おばさんが話しているのを聞くとけんかしているように聞こえ、怖いという印象しか受けなかったのですが、私が重い荷物を持っていると持ってあげようか?と声をかけてくださったり、タクシーでは、釜山に来たらここに行くといいよ、とか釜山についていろいろと説明していただいたりと、人の良さに触れることが出来ました。また、なにも分からない私に親密になって手伝ってくれた友人たちを見て、本当に釜山に来てよかったなあと感じています。

これから大学院に行きますが、つらいことや苦しいことが多く起こると思います。しかし夢実現に向けて、悔いが残らないよう精いっぱい勉学に取り組んでいきたいと思います。

野田泰葉

南ソウル大学 相互研修旅行 2012年
  • 韓国

昨年の9月、韓国のソウルへ行き、そこではたくさんの出来事を経験しました。私が韓国へ行くのは二度目で、一度目よりどこか余裕があったのを覚えています。

この二度目の韓国へ行ったときは、人生初めてのホームステイをしました。最初は「外国人の家に泊まる」という不安や緊張がありましたが、いざ行ってみるとホームステイ先のホストファミリーは本当の家族のように暖かく出迎えてくださいました。話すときは日本語、韓国語を織り交ぜながら、それでも分からないときもありましたが全然気になりませんでした。一緒に食事をして、テレビを観て、買い物をして・・・。お互い、言葉が完璧に通じ合わなくても心が通じ合っていることでなんでも楽しかったです。他にも南ソウル大学の学生と友達にもなりました。今でも連絡を取り合っています。

短い時間ではありましたが、本当に充実した時間を送ることができました。それは単なる「楽しかった」や「面白かった」などといったものではありません。海外に行って自分の語学力を試せること、日本以外の国を肌で感じること、これらの身をもって体験したことは本当に自分への自信へと繋がるし、とても大切なことだと思います。また、海外へ行くことはそれまでの世界観や考え方を変えるチャンスにもなります。現に私も海外にいってから将来のことや就職のことを、深くいろんな視点から考えるようになりました。これからも機会があれば、いろんな国へ行ってみたいです。

宮川まどか

台湾への研修旅行 2011年9月
  • 台湾
  • 相互研修旅行

現地到着後、台北や花蓮の町並みから灰色の印象を受けました。しかし、台湾はとても心地の良い場所であったと感じています。やさしい味や穏やかな人柄が、ほっとするような素敵な旅を私たちに与えてくれました。そんなゆったりとした台湾にも、悲しい時代があったことを現地の方々の言葉から感じ、胸が痛んだことを覚えています。「人は自分をうつす鏡」という言葉があるように、台湾の統治時代の歴史から学ぶ日本の歴史、台湾文化との比較から見えてくる日本文化の姿がありました。

今回の台湾旅行を通して、現在の国際情勢だけでなく歴史知ることも、多文化共生や異文化理解にとって不可欠なものであることを知りました。言語を使っての交流はもちろん、心通わせてコミュニケーションできたことをとても嬉しく思います。これからも、互いにあたたかい気持ちをもって交流を深めていけることを願っています。

藤本まどか

台湾への研修旅行 2011年9月
上海 ・复旦大学短期留学 2011年8月
  • 台湾
  • 相互研修旅行
  • 短期留学

今回、台湾の花蓮にある慈済大学と学部間協定の調印式も兼ね、台湾へ研修旅行に行きました。この協定により、交換留学、短期留学ができるようになり、語学習得によりよい環境ができました。これは、協定に至るまで頑張ってくださった先生のおかげです。まずは、お礼を申し上げます。

私は今年の8月上海に短期留学に行きました。上海では、バイクのノーヘル・5人乗りは当たり前でしたが、台湾では、ヘルメット着用、二人乗りまでならよく、同じ中国語圏であっても、文化やルールなどの違いがあることに驚きました。また、道路には、足がない人の写真や文章がかざってあり、それは中国を批判しているものでした。今までの中国と台湾の関係が見て取れ、私たち日本人も台湾を占領し、人権を無視したのかと思うと心が痛くなりました。台湾は親日と言われていますが、その言葉に甘えて私たち日本人が台湾にしたことを忘れてはいけないとこの研修旅行であらためて思いました。そして、この協定が台湾と日本のますますの友好のきっかけとなればと思います。